滝吉農園 嶽きみ栽培記録2014 その7 穂

2014.07.15 Tuesday

0
    昨日(7月14日)に10日ぶりに滝吉さんの嶽きみにお邪魔してきました!
    ということで気になる現在の嶽きみの様子をご紹介します!

    こちらは種まきから見守ってきた嶽きみ畑。
    種蒔きからもうすぐ2カ月ですが、こんなに大きくなりました!
    はた毛
    腰くらい
    この前は太ももくらいまでだったのが、10日で腰ほどの高さまで成長しています。

    きみ


    そしてコチラの畑でも穂がでてきました!
    ほ

    ちなみに、とうもろこしの実になる部分はこちら
    きみになる
    穂から舞い落ちる花粉がつくと、この部分が徐々に膨らんで実が入っていくそうです。

    あまり比較になりませんが、一応スマートフォンと対比。
    けいたい
    畑の中で落としたら見つけ出せそうにありません。

    台風8号の被害はさしてなかったのですが、しとしとと長い雨が降ったことで地面はまだしっとりしていました。
    水はけの悪い畑では排水用のホースで用水路に水を流したりすることも必要だったそうですが、
    強風でとうもろこしが倒れることもなく、順調に育っています。

    日差しもじりじりしてきて、山でも段々と夏の陽気になってきました。
    太陽が雲に隠れたり、風が吹くと涼しくて気持ちいいのですが日差しはけっこう痛いです。

    この日も岩木山は霞がかってました。薄青く見えるばかりで最近はあまりはっきり見えません。
    かすみ

    とんぼやバッタもたくさんいました。夏です。
    とんぼ

    来週頃になればもっと伸びて穂も顔を出すころじゃないか、ということです。
    ということは一面青々としたこの景色も来週には一転しますね。たぶん。
    山ときみ

    行くたびに景色が変わるのでとても楽しみです。
    今回もちょっと長くなってしまったので、ほかの畑の様子はまた次回。

    そんな滝吉農園の嶽きみはこちらからお買い求めいただけます♪

    ▼▼ただいまご予約受付中!▼▼
    2014年8月収穫のとっても甘いとうもろこし「嶽きみ」
    発送当日の早朝に収穫したものだけをお届けします!

    産地直送! 鮮度抜群!
    ブランドとうもろこし嶽きみ通販サイト
    嶽きみ通販.jp


    畑を出るときはクマよけ対策忘れません。触ったらピリッと電気が流れました。ちょっとびっくり。
    電気

    滝吉農園 嶽きみの台風対策

    2014.07.09 Wednesday

    0
      しずく
      「50年に一度の大雨」や「10年に一度の強烈な台風」とも呼ばれている台風8号ですが、
      ようやく少しずつ勢力が衰えてきているようですね。
      九州や沖縄では大きな被害となっているようですが、みなさまご無事でしょうか?

      青森は今日から今週末にかけて雨が降る予報となってはいますが、いまのところ
      蒸し暑いけれども穏やかな天気です。

      今回の台風は大型でとても強いそうなので、嶽きみの生育にも影響が出るのではないかと
      ちょっと気がかりだったこともあり、栽培している滝吉さんに「とうもろこしの台風対策」についてお伺いしました。

      「とうもろこしってりんごみたいに枝支えたりするような対策ってあるんですか?」
      と聞いたところ、至極さっぱりと「なんもないよ」と。
      どうやら台風そのものが消えることを祈るしかなさそうです。

      残念なことにトウモロコシは風に煽られようが大雨が降ろうがされるがまま
      見守るしかないそうです。
      いちばん困るのが収穫時期の9月に直撃する台風。嶽きみの収穫時期は8月中旬から9月いっぱいくらいまで)

      今はまだ背が低いですが、収穫が行われるころには2メートルほどにまで成長しているため、
      風が吹けば大きく煽られてしまいます。
      風で倒されるだけならまだいいのですが、とうもろこしの実に泥がついてしまっては大変ですね。

      なんだか年々台風の威力が強くなっている気がするのですが、
      できるだけ何事もなく被害が最少で過ぎていくことを祈ります。

      それでは今回はこの辺で!
      最近は10本入りが人気です♪

      ▼▼ただいまご予約受付中!▼▼
      2014年8月収穫のとっても甘いとうもろこし「嶽きみ」
      発送当日の早朝に収穫したものだけをお届けします!

      産地直送! 鮮度抜群!
      ブランドとうもろこし嶽きみ通販サイト
      嶽きみ通販.jp


      嵐の前の静けさなんでしょうか…? とてもムシムシします。

      滝吉農園 嶽きみ栽培記録2014 その6 枝かきとナゾの足跡

      2014.07.08 Tuesday

      0
        今日は前回(滝吉農園 嶽きみ栽培記録2014 その5 枝かき)の続きを!

        こちらは一番最初に種を植えた畑。
        いちはた
        成長速度の違いはあまり感じなくなってきました。

        とはいいつつも、スマートフォンを並べてみると前の畑の嶽きみと比べてスマホ1台分くらい高さが違います。
        スマホ
        幹(茎?)もだいぶガッシリしてきました。

        しゃがむともう隠れちゃうほどの高さです。
        滝

        大きいものでは肋骨の辺りまで葉が茂っているため、枝かきをしょうと腰をかがめると姿が見えなくなります。

        立ってると見えるのですが…
        枝かき

        ちょっと目を離したすきに見失う。
        見失う
        滝吉さんが黄色いシャツでよかったです。
        でなければ確実に迷子になってました。

        このぐらいの大きさになると嶽きみの穂先も顔を見せ始めます。
        穂
        これがにょきにょき伸びて、全長2メートルのとうもろこしの天頂でふさふさ花粉を飛ばすのです。
        つまり雄しべですね。

        この雄しべからの花粉が雌しべ(とうもろこしのヒゲ)につくと、あのとうもろこしの粒々が膨らみ実となります。
        なのでこれからはますます元気に育ってほしいところですね!

        そしてこちらのはたけでも、もちろん重要な作業「枝かき」が。

        まず邪魔になる脇の枝を掴み、
        1
        2

        思い切り引きちぎります。
        3

        そうするときれいさっぱり1本立ちに!
        4

        後ろを振り返ればなんだかちょっと切ない気分。
        5

        こちらの畑は土にビニール(マルチ)をかけているので、普通に育てるよりも成長が早いです。
        ビニールをかけることで水分が保持されたり、地熱を上げたり(保温効果のようなもの?)と、成長を促進させる働きがあるようです。

        そのため、同じ日にビニールなしで植えた方と比べるとちょっと成長に差がついてます。
        ビニール有り無し

        そして早植えビニールあり・なし・遅植えだとこんなにも差が!
        早い遅い

        画像にするとちょっと分かりにくいので、線を引いてみるとこんな感じです。
        123
        お分かりいただけたでしょうか?この3段階。

        ちなみに、滝吉農園でいちばん最後に植えたのは6月25日〜28日ころ
        ちょっと小高いところにある畑にはかわいい芽が出始めていました。
        新芽


        そしてこの畑で侵入者の痕跡を発見。
        あしあと

        クマやサルがよく出没するともいいますし、足跡から見ておそらくサルが散歩にきていたのでしょう。
        けっこう大きい足跡でした。

        どうやら近くの雑木林から来ていたようです。
        雑木林
        収穫時期に襲撃されないことを祈ります。


        そんなこんなで先週末は滝吉さんの嶽きみ畑をぐるっと回ってきました!
        早いもので嶽きみ収穫まであとひと月ちょっと!

        まだまだご予約承り中ですのでこちらもぜひぜひ♪
        ▼▼ただいまご予約受付中!▼▼
        2014年8月収穫のとっても甘いとうもろこし「嶽きみ」
        発送当日の早朝に収穫したものだけをお届けします!

        産地直送! 鮮度抜群!
        ブランドとうもろこし嶽きみ通販サイト
        嶽きみ通販.jp


        場所が変わってもこの日はやっぱり山が見えませんでした。
        かすむ山

        滝吉農園 嶽きみ栽培記録2014 その5 枝かき

        2014.07.04 Friday

        0
          なんだかちょっとお久しぶりな気分です。
          本日は久々に滝吉さんの嶽きみにお邪魔してきたので、現在の様子をお伝えします!
          いま
          だいぶ大きくなりました!
          前はスマートフォンと大差ない大きさだったのが、いまではまるで対比にならない!
          たいひ
          普通に撮影したのにスマホを無理やり合成したかのような違和感。なんでだ。


          雨続きで心配したものの、最近は良い天気が続いていたからすくすく成長したんだとか!

          下から見るとこんな感じです。
          わっさわさ。
          下から

          小さかった苗も太ももくらいまでの高さまで成長し、いまでは嶽きみの間に生えてる雑草を取ろうと腰をかがめると上半身しか見えなくなるほど。

          上半身

          ちなみに、現在行われている作業は除草と「枝かき」
          枝かきとは、とうもろこしの根元から生えてる複数の枝(茎?)を取り除き、1本にする作業のこと。
          枝かき
          ↑真ん中の太い茎のわきにぴょんぴょん生えてる小さい茎を取り除きます。

          枝かきアフター
          そうするとあら不思議。とってもスッキリしますね。

          これ
          ぶちっと取り除いた枝も立派なものです。

          とうもろこしは1つの芽から2本、3本と茎が伸びますが、真ん中の太い茎にしか実が付きません。
          そのため、不要なほかの枝はこのようにとってしまうのだとか。
          取り除いたことで台風などの強風に煽られた際は倒れやすくなってしまうものの、「枝かき」をするのにはとうもろこしの伸び(成長)がよくなることともう一つ、とても重要なワケがあるのです。

          それは、「枝かき」をすることにより、見た目がとてもさっぱりすること。
          わさわさしているものがすっきりするのだから、もちろん気分的にもさっぱりするのですが、それだけじゃないんです!

          収穫時期になると、嶽きみは2メートルにもなり背丈を越えてしまいます
          そんな状態で実もつけないただの枝が目の前でわさわさしていたら邪魔な事この上ない!

          そして収穫しながら畑の中へどんどん入っていくと、ただでさえ細い通路が余計に狭くなり、一列先まで見通せない状況になります。

          つまり、すぐそばでクマがガサゴソしていても分からないということ。
          これは危険ですね。

          クマやサルがひょこひょこ現れる山の中なので、この「枝かき」作業は必須なのです。
          まぁクマよけに微弱な電流を畑の周りに流してはいるので、クマと鉢合わせすることはなかなかないでしょうけれども。
          バッテリー
          ↑バッテリーから張り巡らせた柵に電気を流しています。
          これによってクマは畑に入ってこないそうですが、サルはどうにかこうにか入ってきてしまうのだとか。困りものです。


          そして現在行っている除草は、根が深くてしぶといスギナの他にもこんなのがありました。
          山芋
          この葉。なにかわかりますか?
          なんと長芋だそうです。
          以前の畑の所有者が長芋を植えていたらしく、嶽きみ畑になって4〜5年経つ現在でもあちらこちらで長芋のツルが伸びているんだとか。

          特に害はないのですが、嶽きみに巻き付いて成長するためとにかく邪魔だそうです。
          まき

          嶽きみを傷つけないようにぶちっと引き抜いてみると、なかなかに枝っぽい質感でした。
          ツル

          そんなこんなで今回はこの辺で。
          他の畑にも連れて行っていただいたのですが、長くなったのでまた次回!

          順調に成長してます!
          ▼▼ただいまご予約受付中!▼▼
          2014年8月収穫のとっても甘いとうもろこし「嶽きみ」
          発送当日の早朝に収穫したものだけをお届けします!

          産地直送! 鮮度抜群!
          ブランドとうもろこし嶽きみ通販サイト
          嶽きみ通販.jp


          今日は山に霞がかかってあまりよく見えませんでした。
          やま

          とうもろこしの保存方法

          2014.07.01 Tuesday

          0
            ゆで
            とうもろこしは鮮度が落ちるのが早い食材です。
            収獲してそのままにしておくと、せっかくの糖分がどんどんなくなっていってしまいます。
            そのため到着後はすぐに調理してしまうのがおすすめ。

            すぐにゆでるのが難しい場合は、新聞紙やラップにくるみ冷蔵庫の中で立てて保存しましょう。それでも甘みは落ちてしまいますので、できるだけ早めに調理してくださいね。

            茹でたとうもろこしは、やけどに注意しながら手早くラップでまいて冷ましてください。
            熱いうちにラップにくるむことで、冷めてからも粒がしわしわにならずプチプチの食感を楽しめます

            とうもろこしが完全に冷めたら今後は冷蔵庫へ。だいたい2〜3日の間ならおいしく召し上がれると思います。


            トウモロコシを冷凍保存する場合も、茹でてラップにくるんだものが冷めるのを待ちましょう。
            とうもろこしが冷めたらラップを取り、キッチンペーパーなどでしっかりと水気を取るのがポイント。
            じゃないと冷凍庫の中でとうもろこし同士がくっついちゃいますよ!

            余分な水気をとったら、芯から実をそぎ落として袋に入れて冷凍すると
            料理にも使いやすいしおすすめです。

            余った芯は捨てる前にお米と一緒に炊き込めば、とうもろこしの風味を楽しめるごはんになりますよ!

            ▼▼ただいまご予約受付中!▼▼
            2014年8月収穫のとっても甘いとうもろこし「嶽きみ」
            発送当日の早朝に収穫したものだけをお届けします!

            産地直送! 鮮度抜群!
            ブランドとうもろこし嶽きみ通販サイト
            嶽きみ通販.jp



            ゆであがった直後のラップは大切です!
            プチプチ食感が違いますよ!!
            嶽きみ通販.jp