嶽きみが登録されている地域団体商標って?青森のうまいもの紹介

2015.06.26 Friday

0
    みなさん、こんにちは。
    もうすぐ6月も終わりますね。嶽きみもドンドン成長していますよ!

    嶽きみ好きのみなさんは既にご存じでしょうが、
    嶽きみは地域ブランドとして2007年に地域団体商標登録されているんですよ。
    とうもろこしとしては唯一の登録。

    「地域団体商標登録制度」とは?
    一定範囲の周知性があれば「地域の名称+商品(サービス)の名称等」からなる文字のみで登録できる商標です。
    地域ブランドの保護による地域経済の活性化を支援を目的としています。

    【商標】嶽きみ(だけきみ)

    【商標登録】第5042511号

    【権利者】つがる弘前農業協同組合(青森県弘前市大字城東北4丁目1−1)

    【指定商品又は指定役務】青森県嶽地区で生産されたとうもろこし

    【商品・サービスの特徴】嶽きみは、昼夜の温度差が大きく嶽地区特有の火山灰土壌により、コクのある旨味が特徴。プチプチと口の中で弾ける食感を出す為に特殊な冷却方法をし、全国へ季節限定販売をする。
    出典:特許庁 地域団体商標登録案件紹介 嶽きみ(PDF)(別サイト)

    地域団体商標登録されてから8年ほどですが、地元では昔から「嶽きみ、嶽のきみ」として有名でした。
    (嶽きみ誕生は昭和30年代)


    嶽きみは茹でるのがオススメです

    私スタッフも子供のころから大好きで、
    嶽きみには他のとうもろこしとは違う、特別な思い入れがいろいろあります。

    「きみ茹でだはんで食べへ(とうもろこし茹でたから食べて)」
    「今いい、お腹すいてない」
    「これ嶽きみだよ」
    「えっ!嶽きみだば食べる!(えっ!嶽きみなら食べる!)」
    こんな会話が日常的にありました。
    うちの祖母も「嶽のきみめぇっきゃ!(嶽のきみおいしいよね!)」と大好物なのです。

    さてさて、青森県の地域団体商標登録されたものは他にもあります。
    みなさんはいくつご存知ですか?

    ・大間まぐろ ←もはや説明不要?
    ・大鰐温泉もやし ←伝承350年、津軽の殿様にも献上
    ・風間浦鮟鱇(かざまうら あんこう) ←雪中切りはここだけ
    ・たっこにんにく ←記念すべき地域団体商標の第一号
    ・野辺地葉つきこかぶ ←手で皮がむけ、甘みがあり、生でも食べられる
    ・十和田湖ひめます ←淡水魚なのに脂がのって上品な食味

    テレビのおかげか、マグロと言えば大間が有名ですが、
    なんと青森県内では竜飛、三厩、小泊、下前、深浦、岩崎で水揚げされているんですよ。
    マグロがこれほど水揚げされてるのは青森県だけなんですよ。

    調べていたら深浦マグロのサイトで
    「青森の食材」として嶽きみを紹介してくれているのを発見!うれしい!
    ・りんご ←青森と言えばコレ!もちろん日本一!
    ・ホタテ ←陸奥湾のホタテ最高です
    ・にんにく ←健康志向の方にはコレ
    ・ながいも ←生産量も品質もトップクラス
    ・嶽きみ ←これ見てくれている方は大好きですよね!もちろん私も!
    ・いか ←志村どうぶつ園でおなじみのワサオのお母さんも焼きイカ屋さん
    ・ふかうら雪人参 ←甘い!甘いです!
    ・まぐろ(大間マグロ・深浦マグロ) ←築地市場で最高金額が出ました


    出典:株式会社あおもり海山 青森の食材(別サイト)

    ちなみに6月30日まで「マグロ1本まるまるプレゼント」
    キャンペーンをやっているようですよ!
    すごいですね。おもしろい!
    「えっ?マグロ1本もらっても困る」と思いますよね?
    ちゃんと解体ショーか定期サク発送か選べるようです。ホッ。
    詳しくはコチラあおもり海山【期間限定】出張解体ショー付き!マグロまるまる1本プレゼントキャンペーン開催!
    (別サイト、キャンペーン終了しました)

    嶽きみをはじめ、
    マグロやニンニク、りんごなど青森にはおいしいものがいっぱいあります!

    ▼▼▼嶽きみのご予約はこちらからお願いします▼▼▼
    産地直送!鮮度抜群!ブランドとうもろこし嶽きみ通販サイト
    嶽きみ通販.jp

     

    外国人にも人気の嶽きみ!英語で何って言うの!?聞かれた時のために!

    2015.06.15 Monday

    0
      みなさん、こんにちは!

      以前ご紹介した鎌倉市の嶽きみですが、ちょっと調べてみたので再度ご紹介しますね!
      以前のブログはコチラ鎌倉市でも嶽きみが!青森とうもろこしを神奈川で買えるかも!?

      私スタッフは中学の修学旅行で鎌倉大仏と鶴岡八幡宮に行きましたが、鎌倉はそれっきりです…。
      このブログをご覧のみなさまの方が詳しいかもしれませんね。

      嶽きみを食べられるお店は鎌倉北部の天園ハイキングコースにあるそうです。
      ハイキングと言っても写真や動画で見ると、いかにも登山者と言う格好の方が多く、本格的でした!
      初心者向けコースではあるらしいのですが、本格的なハイキングや絶景を楽しめることから
      「鎌倉アルプス」と呼ばれているそうです。

      ここの嶽きみは今や「鎌倉アルプス名物のダケキミ」とも言われる人気だそう。
      ※でも、青森のとうもろこしだと忘れないでね!
      ※「ダケキミ」ですよ。ダテキビ、ダケキビ、ダテキミは間違いですよ。

      ●お店について
      【店 名】「天園 峠の茶屋」さん
      【最寄駅】JR横須賀線 北鎌倉駅
      【場 所】臨済宗大本山の建長寺境内の半僧坊から1時間くらい登ったところ
      建長寺の拝観料300円が必要
      【営業日】年中無休、10時〜

      こちらのサイトにハイキングコースについて詳しく載っています。
      鎌倉のハイキングコースと観光スポットのガイドサイト 鎌倉紀行「天園コースガイド」
      さすが古都鎌倉ですね!ハイキングコースに歴史あるお寺があります!

      口コミで話題になり、今では外国人にも人気だとか。おいしいものは万国共通ですね!

      もし外国人に「ダケキミって何?」と聞かれて答えられますか?
      ペラペラの方はいいでしょうが、私は全く答えられないので、
      同じくタジタジした方のためにピッタリのサイトをご紹介します!

      まずは日本語で

      青森県観光情報サイト アプティネット「嶽きみ」

      ※この「沿道で売られている姿は秋の風物詩となっています」と言いうのは
      通称「嶽きみロード」と呼ばれる露店が連なる道のことです。滝吉さんの畑に向かう途中の道でもあり、時期になると嶽きみ目当ての大渋滞ができます。

      この青森県観光情報サイトの外国語バージョンがあるんですよ!


      "aptinet" Aomori Sightseeing Guide(英語・English)"Dakekimi Corn"


      "aptinet" Aomori Sightseeing Guide(中国語簡体字・简体中文)「岳玉米」


      "aptinet" Aomori Sightseeing Guide(中国語繁体字・繁體中文)「嶽玉米」


      "aptinet" Aomori Sightseeing Guide(韓国語・한국어)「다케키미」

      外国人の友達がいたらぜひ紹介してくださいね!

      鎌倉ハイキングのお話ばかりになってしましましたが、
      岩木山も初心者〜上級者まで楽しめるコースがありますよ!
      山ガールも山ボーイ(って言うのかな?)もぜひ登ってみてくださいね!

      ▼▼▼嶽きみのご予約はこちらからお願いします▼▼▼
      産地直送!鮮度抜群!ブランドとうもろこし嶽きみ通販サイト
      嶽きみ通販.jp

      「お任せ!オーナー制度」とは?あなた専用の畑で栽培された嶽きみが!

      2015.05.27 Wednesday

      0
        みなさん、こんにちは!
        本当に暑くなりましたね。日焼け対策忘れずにしてくださいね!


        嶽きみ畑

        去年のブログでもご紹介しましたが、「嶽きみオーナー制度」についてご案内します。

        「嶽きみオーナー制度」とは
        農業生産法人 有限会社ANEKKO(あねっこ)さんが行っている
        嶽きみ畑の1区画オーナーになり、
        そこで収穫される大小さまざまな嶽きみが手に入るというものです。
        (※当店では受付していませんのでご了承ください)

        オーナー制度には自分で収穫する体験型と、遠方や忙しい方向けの収穫お任せ型の2種類があります。
        体験型はすでに定員に達してしまいました。残念ながらこちらは今年で終了だそうです。
        お任せ型はオーナー受付中で、来年以降も続けるそうです。お申し込みはコチラです。
        嶽きみ通販.jpも嶽きみのご予約受付中ですよ!)

        オーナー制度を行っている農業生産法人 有限会社ANEKKO(あねっこ)さんは、
        嶽きみをはじめとしたいろいろな事業されています。
        ・「嶽きみオーナー制度」事業運営
        ・農産物直販所「野市里(のいちご)」
        ・レストラン「こざくら」
        ・ギャラリー「あねっこ」
        ・市民農園「向日葵(ひまわり)」
        ・収穫体験観光りんご園運営
        代表の村上さんはいろいろなメディアで紹介されたり、
        講演されたりしているかっこいい女性です。
        少しだけお話する機会をいただいたんですが、
        村上さんの人柄の良さや頼もしさから仲間も増えて、
        たくさんの事業ができているんだろうなと思いました。

        ANEKKOさんについて詳しくはコチラ!通販もやってます(別サイト)
        ANEKKO(あねっこ)公式サイト
        青森県の農家・農産物情報サイト ハーベストマーケット「農業生産法人 有限会社ANEKKO」

        ANEKKO(あねっこ)さんではたくさんの嶽きみスイーツや嶽きみ商品がありますので、
        嶽きみ大好きなスタッフが、嶽きみ大好きなみなさんへこれからもご紹介しますね!お楽しみに!
        過去のご紹介はコチラ!
        2014.05.09 知ってる? 嶽きみオーナー制度
        2014.05.12 続々登場! 嶽きみスイーツ
        2014.06.03 食べてきました嶽きみソフトクリーム!
        2014.06.27 嶽きみドレッシング!
        2014.06.30 嶽きみのうんぺい

        滝吉農園の滝吉さんが丹精込めた嶽きみのご注文はうちのサイト嶽きみ通販.jpでご注文受付中です!

        ▼▼▼嶽きみのご予約はこちらからお願いします▼▼▼
        産地直送!鮮度抜群!ブランドとうもろこし嶽きみ通販サイト
        嶽きみ通販.jp

        ダケキビ?ゴクキミ?ゴクキビ?キミダケ?いいえ「だけきみ」ですよ!

        2015.05.13 Wednesday

        0
          こんにちは。
          今日は嶽きみの呼び方についてお話します。

          津軽の方言ではとうもろこしを「きみ」と呼びます。
          みなさんの地域ではどうですか?
          尚学図書『日本方言大辞典』には、なんと267種もの呼び方が載っているそうです!!

          嶽きみ通販.jpスタッフが面白いなと思ったのはコチラです。
          あぶりき(福井県大野郡)
          さんかく(熊本県の一部)
          ぐしんとーじん(沖縄本島南部など)
          この言葉を聞いただけだと、とうもろこしを想像できません。

          「○○きび」と呼ばれるのはたくさんあり、
          さつまきび(岡山県備前)
          まるきび(岐阜県の一部)
          たかきび(鹿児島県種子島)
          などがあります。
          これらは昭和前半期までは「とうきび」と全国で一般的に
          使われたため、「地名+きび」が多く残っているようです。

          嶽きみも「嶽きび(だけきび、dakekibi)」と間違えられることが多いのですが、
          正しくは「嶽きみ(だけきみ、dakekimi)」ですよ。
          または「嶽のきみ(だけのきみ、dake no kimi)」と呼ばれます。

          とうきび(とうもろこしの別名)→きび→きみ
          このように変化されたと言われています。

          「獄きみ(ごくきみ、gokukimi)」「獄きび(ごくきび、gokukibi)」←上の山がない
          「だてきみ、datekimi」「だてきび、datekibi」
          「岳きみ」「岳きび」などの間違いも多いです。

          前後が逆になった「きみだけ、kimidake」
          なんとなく音が似てる「だききみ、dakikimi」「だききび、dakikibi」なども……
          ただの入力間違えかもしれませんが。

          「嶽とうもろこし」「嶽のとうもろこし」は
          間違ってはいないかもしれませんが、
          やはりブランド名「嶽きみ」でお願いします。

          ▼▼▼嶽きみのご予約はこちらからお願いします▼▼▼
          産地直送!鮮度抜群!ブランドとうもろこし嶽きみ通販サイト
          嶽きみ通販.jp

          青森の方言、津軽弁で「嶽きみ」をなんと発音する?

          2015.05.11 Monday

          0
            みなさん、こんにちは。青森も暖かくなって、
            半袖を着ている人をちらほら見るようになりました。

            滝吉さんの畑では嶽きみの種まきが始まったそうです。
            先日種まきの様子を取材させていただくお約束していましたが、
            残念ながらその日はあいにくの雨で延期になってしまいました。
            後日、取材した際にこちらのブログでご紹介いたしますね。お楽しみにしてくださいね!

            今日は青森の方言の一つである津軽弁について少しお話します。
            青森には大きく分けて津軽弁、南部弁、下北弁の3つがあります。
            嶽きみ栽培地の嶽高原は、青森県弘前市(旧岩木町)にあり、
            津軽弁地区です。

            津軽弁と一言で言っても、地区や世代によっても少し違い、
            年配の方はなまりが強いです。
            地元生まれ、地元育ちの嶽きみ通販.jpスタッフも
            時々「???」とわからない時がいまだにあります。

            津軽弁はフランス語に似ていると言われることが多く、
            以前車のCMで津軽弁が使われ「フランス語?」と言うセリフがありました。
            (個人的にはリアル津軽弁とはちょっと違う気がしますが……)

            また、韓国語にも似ているようです。
            実際に、嶽きみ通販.jpスタッフの知人は韓国人と間違えられたことがあり、
            似たような話をいくつか聞いたことがあります。

            そんな「本当に日本語なの?」と疑わしい津軽弁ですが、
            トウモロコシのことを「きみ」と言います。
            表記は「きみ」なのに、発音は「きみ」ではないんですよ!?
            (※なまりが強い場合、そのまま「きみ」と発音する方もたくさんいます)

            「き」ではなく「きぃ」
            ………いや「くぅ」や「くぃ」、「ちぃ」に近い発音で、
            息を強く出す感じではっきり発音しません。
            個人的には「き」と「く」を混ぜたような……うまく伝えられません!

            嶽きみを「嶽のきみ」を呼ぶこともあり、
            正しくは(?)「だげのきぃみ」です。
            「きぃ」を一番強く発音します。

            あぁ、文字だけではうまく通じなくて、もどかしいです!
            青森津軽に来た際には、ぜひ誰かに発音してもらってくださいね。

            方言に関わらず、甘くてプチプチ粒の嶽きみは全国の方におすすめです!!
            ▼▼▼嶽きみのご予約はこちらからお願いします▼▼▼
            産地直送!鮮度抜群!ブランドとうもろこし嶽きみ通販サイト
            嶽きみ通販.jp
            嶽きみ通販.jp