とうもろこしの保存方法

2014.07.01 Tuesday

0
    ゆで
    とうもろこしは鮮度が落ちるのが早い食材です。
    収獲してそのままにしておくと、せっかくの糖分がどんどんなくなっていってしまいます。
    そのため到着後はすぐに調理してしまうのがおすすめ。

    すぐにゆでるのが難しい場合は、新聞紙やラップにくるみ冷蔵庫の中で立てて保存しましょう。それでも甘みは落ちてしまいますので、できるだけ早めに調理してくださいね。

    茹でたとうもろこしは、やけどに注意しながら手早くラップでまいて冷ましてください。
    熱いうちにラップにくるむことで、冷めてからも粒がしわしわにならずプチプチの食感を楽しめます

    とうもろこしが完全に冷めたら今後は冷蔵庫へ。だいたい2〜3日の間ならおいしく召し上がれると思います。


    トウモロコシを冷凍保存する場合も、茹でてラップにくるんだものが冷めるのを待ちましょう。
    とうもろこしが冷めたらラップを取り、キッチンペーパーなどでしっかりと水気を取るのがポイント。
    じゃないと冷凍庫の中でとうもろこし同士がくっついちゃいますよ!

    余分な水気をとったら、芯から実をそぎ落として袋に入れて冷凍すると
    料理にも使いやすいしおすすめです。

    余った芯は捨てる前にお米と一緒に炊き込めば、とうもろこしの風味を楽しめるごはんになりますよ!

    ▼▼ただいまご予約受付中!▼▼
    2014年8月収穫のとっても甘いとうもろこし「嶽きみ」
    発送当日の早朝に収穫したものだけをお届けします!

    産地直送! 鮮度抜群!
    ブランドとうもろこし嶽きみ通販サイト
    嶽きみ通販.jp



    ゆであがった直後のラップは大切です!
    プチプチ食感が違いますよ!!

    スポンサーサイト

    2020.09.14 Monday

    0
      嶽きみ通販.jp