とうもろこしのヒゲや芯は捨てるだけじゃもったいない!

2014.06.23 Monday

0
    こんにちは。
    今日はトウモロコシにもじゃもじゃついている「ヒゲ」やおいしく食べた後に残る「芯」の部分について。
    見極め
    一時期「とうもろこしのヒゲ茶」が流行りましたね。
    このトウモロコシのヒゲから抽出したお茶には、利尿作用血糖値を安定させる効能
    ある
    といわれています。

    作り方も「天日干ししたものを煮出すだけ」と簡単なようなのでぜひぜひお試しください♪

    そもそもこの「ヒゲ」ってなに? とお思いの方、じつは絹糸(けんし)と呼ばれるとうもろこしの「雌しべ」なのです。
    けんし
    ▲絹の糸とかいて「絹糸(けんし)」皮をむけばまさに絹のような光沢が。

    なので「ヒゲの数=粒の数」と言われているんですね。

    そして、食べ終わった後のとうもろこしの芯について。
    そのまま生ごみにポイっとするのはちょっともったいないのです!
    というのも、とうもろこしの芯からはなんと出汁が取れるのです。

    生のトウモロコシでも、茹でた後のものでも出汁が出るんだとか。
    そのため、生のトウモロコシの実を削ぎ、芯と一緒にご飯を炊くとおいしい
    トウモロコシごはんができたり、芯を茹でてとった出汁にペーストにしたトウモロコシや牛乳などをまぜてコーンポタージュにしたりなど、活用方法はいろいろ。

    最終的には捨てるところに変わりはないのですが、
    おいしく利用できるならぜひ試してみたいですよね。



    こちらもよろしくお願いします!
    ▼▼ただいまご予約受付中!▼▼
    2014年8月収穫のとっても甘いとうもろこし「嶽きみ」
    発送当日の早朝に収穫したものだけをお届けします!

    産地直送! 鮮度抜群!
    ブランドとうもろこし嶽きみ通販サイト
    嶽きみ通販.jp



    嶽きみは芯まで甘いのかなぁ?

    スポンサーサイト

    2020.09.14 Monday

    0
      嶽きみ通販.jp